中国電力、千葉市で石炭火力検討 JFEと

2016/11/7 15:56
共有
保存
印刷
その他

 中国電力は7日、JFEスチールと共同で石炭火力発電所の建設を検討すると発表した。2016年度内をメドに中国電を主体とする形で特別目的会社を設立、具体化に向けた検討作業に着手する。千葉市内に出力100万キロワットの発電所の建設を計画しており、2020年代半ばの稼働を目指す。

 中国電は地盤の中国地方でJFEスチールと共同出資で火力発電事業を展開している。両社が持つインフラや電力供給のノウハウを持ち寄り、電力需要が大きい首都圏市場に本格参入する。

 今年4月の電力小売りの完全自由化を受け、中部電力など他の電力大手も首都圏に参入している。今後も地域や業種を超えた競争が激しくなりそうだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

中国電力JFEスチール千葉市中部電力

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:00
関西 7:00
6:17
中国 7:01
7:00
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報