/

ピーシーデポ、11月全店売上高17.7%減 苦戦続く

パソコン専門店のピーシーデポコーポレーションは7日、11月の全店売上高が前年同月に比べて17.7%減ったと発表した。既存店ベースの売上高は同16.9%減だった。サービスの解約料金を巡る批判を受け今夏から自粛していた販売促進活動を11月19日に再開したが「効果は限定的」(同社)だったという。

同社は8月中旬に高齢者に高額な解約料を請求したとして批判が集まった。新聞の折り込み広告や週末のセールといった販促活動の自粛が響き、8月以降の月次売上高は前年割れが続く。一方で期間満了も含む11月の会員解約率は約1.2%で、10月の約1.6%から改善した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン