/

手のひらかざすだけのカードレス決済システム JCBと富士通

ジェーシービー(JCB)と富士通、富士通フロンテックの3社は7日、手のひらをかざすだけで手ぶらで支払いができるカードレス決済システムを構築したと発表した。手のひらの静脈で認証する富士通の装置と、JCBの決済ネットワークを連携させた。JCBは国内外で使える決済システムとして実用化を進める。

認証装置に手をかざすと、その利用者のクレジットカード情報を読み出し、JCBのネットワークを通じて決済する仕組み。富士通のデータセンターに手のひら静脈の情報とカードの情報をあらかじめ登録しておく。

JCBは7月、本社内の社員食堂に試験導入し、社員数百人が飲食料金の支払いに利用して有効性を確認した。今後は国外でも実験を重ね、早期の実用化をめざす。国内では手のひら静脈認証装置を導入済みの金融機関との協業を検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン