/

妖怪ウォッチの新作ソフト発売へ 来春には北米進出

(更新)

ゲーム製作会社のレベルファイブ(福岡市)は7日、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けの新作ソフト「妖怪ウォッチ3」を発売すると発表した。物語の舞台は日本から海外に移り、新しい主人公や妖怪もお目見えする。バンダイはゲームに登場するメダルを差し込んで遊ぶ時計型玩具「妖怪ウォッチU プロトタイプ」を8月上旬に発売する。

海外展開も本格化させる。2016年春から米玩具メーカーのハズブロと連携して、北米や欧州で妖怪ウォッチの関連商品を展開する。海外でも人気を定着させて成長を加速させる。

東京都内で開いた発表会で日野晃博社長は「大規模にクロスメディアを展開していく」と強調し、日本と同様に海外でもテレビアニメや玩具などに幅を広げる考えを示した。海外でのゲームソフト展開は任天堂と協力する。

国内では夏にはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)で期間限定イベント「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」も開催される。レベルファイブによると、妖怪ウォッチの関連市場は2000億円以上。日野社長は「10年、20年続く作品になるように挑戦していきたい」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン