/

この記事は会員限定です

地下の配管状況、iPadかざせば分かる 清水建設

[有料会員限定]

清水建設は米アップル「iPad」のカメラを向けると、地中にある水道管やガス管の様子を画面に映す技術を開発した。10個前後の衛星から電波を受信し、正確に位置を特定する。地下を掘る際に管を壊すのを防ぐことができる。埋設物の多い都心部で活用する。

これまでは現場で管の種類ごとに図面を広げ、「電柱から1メートル南」などの情報を拾って地面に線を引いていた。多い場所だと10種類ほどの管が立体的に埋まっており、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン