2018年1月18日(木)

DeNA、無人運転バス使う交通システム 千葉市で

2016/7/7 16:44
保存
共有
印刷
その他

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は7日、自動運転車両を開発する仏イージーマイル(トゥールーズ)と業務提携し、8月から無人運転バスを使う交通システム「ロボットシャトル」の事業を始めると発表した。まずイオンモール幕張新都心(千葉市)に隣接する豊砂公園の敷地内に導入する。今後は車両や保険などをひとつのパッケージ商品として、各種公共施設、商業施設、テーマパーク、工場への導入を目指す。

 日本では自動運転車は私有地でしか走行が認められていない。豊砂公園の敷地内はイオンモールが千葉市から管理の一部を委託されており、走行が可能だ。

 導入する無人運転バスは1台。イージーマイルが開発した電気自動運転車両「EZ10」を使う。最高時速は40キロメートル。乗車定員は最大12人で、車いすでも乗車もできる。地図データをもとにあらかじめ作成・設定したルートをカメラ、各種センサー、全地球測位システム(GPS)を使って走行する。車両の近くやルート上に障害物を認識した場合は、距離に応じて自動的に減速や停車をし、事故を避ける。

無人運転バス「ロボットシャトル」を発表し握手するディー・エヌ・エーの中島執行役員(左)とEasyMileのガニュールCEO(7日午後、東京都港区)

無人運転バス「ロボットシャトル」を発表し握手するディー・エヌ・エーの中島執行役員(左)とEasyMileのガニュールCEO(7日午後、東京都港区)

 DeNAの中島宏執行役員オートモーティブ事業部長は「インターネット以外の中長期の成長の柱を育てるためにあらゆる投資を行っている」と強調する。「自動車事業もそのうちのひとつだ」という。

 高速通信「LTE」の100倍とされる第5世代(5G)の通信技術開発で先行するNTTドコモと提携することも固まっている。膨大な情報を素早く処理する自動運転で必要不可欠な通信技術の強化に向けて動き出した。ロボット開発ベンチャーのZMP(東京・文京)とは自動運転タクシーの開発を進めている。

 自動運転分野ではKDDIが通信技術を使う「つながるクルマ」でトヨタ自動車と連携している。海外では米グーグルが欧米のフィアット・クライスラーオート・モービルズ(FCA)と組むなど、有望技術の主導権を虎視眈々(たんたん)と狙う動きが広まりつつある。

(湯田昌之)

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報