サントリー食品、JT自販機事業買収で最終契約

2015/7/7付
保存
共有
印刷
その他

サントリー食品インターナショナルは7日、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を買収することで最終契約を結んだと発表した。31日付でジャパンビバレッジホールディングスの株式70.5%や缶コーヒー「ルーツ」と清涼飲料「桃の天然水」のブランドなどを取得する予定。買収額は約1500億円。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]