2019年2月20日(水)

ホンダ「N―BOX」を今秋全面改良 安全装備充実

2017/7/7 12:40
保存
共有
印刷
その他

ホンダは今年秋に主力の軽自動車「N―BOX」を全面改良する。ミリ波レーダーやカメラを使った安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準搭載し、後方への誤発進を抑制する機能なども追加する。助手席を前後に大きく動かせる仕様も用意する。

発売予定の新型車は構成部品の9割を見直した。安全装備など新たな部品が加わったが、現行モデルに比べて80キログラム軽くなるという。

助手席を前後に57センチメートル動かせるようにして、後部座席から運転席に移動できるようにしたほか、後部座席との距離を近づけられるようにした。

安全装備も充実する。ミリ波レーダーや単眼カメラを使った安全装備支援システム「ホンダセンシング」を標準搭載し、衝突被害軽減ブレーキや車線維持支援などに対応した。後方への誤発進抑制機能も、同社の車で初めて採り入れる。

ホンダは軽事業をテコ入れするために、2011年12月にN―BOXを発売した。エンジンルームを小さくしたり、燃料タンクの位置を変えたりして広い室内空間を確保し、使い勝手を高めた。軽の車名別販売で16年度に2年連続でトップとなるなど、ホンダにとって国内最量販車種に育った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報