/

この記事は会員限定です

ヤマト株が反発 収益改善、再配達抑制がカギ

[有料会員限定]

ヤマトホールディングス(HD)の株価が7日、東京株式市場で3日ぶりに大幅反発した。宅配便の基本運賃を27年ぶりに全面的に引き上げると市場に伝わり、収益改善期待から投資家の買いが集まった。ただ、人手不足などを背景に宅配ビジネスを巡る環境は依然として厳しい。特に受取人が不在時に追加料金なしで改めて届けている再配達はコストがかさむ。収益を改善するためには宅配便の約2割に上るとされる再配達を抑制できるかどうかが鍵を握りそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン