/

この記事は会員限定です

著作権管理「見える化」 エイベックス系、ユーチューブと新手法

[有料会員限定]

人気グループ「EXILE(エグザイル)」などの楽曲の著作権を管理するネクストーン(東京・渋谷)が著作権管理の「見える化」を打ち出し、話題となっている。動画投稿サイト「ユーチューブ」と新たな著作権管理サービスを契約。動画の再生回数などの利用実態に応じ作詞家や作曲家などの著作権者に使用料を分配する。音楽教室からの著作権使用料徴収を巡る訴訟などを抱える、この世界のガリバー、日本音楽著作権協会(JASR...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン