東芝「賃下げ、検討の事実ない」 一部報道に

2017/2/7 0:06
保存
共有
印刷
その他

東芝は6日、従業員の賃金引き下げを検討しているとの一部報道に関して「検討している事実はない」(広報・IR部)と明らかにした。米原子力事業で最大7000億円規模の損失を計上する可能性があり、財務改善が急務となっている。固定費の削減も視野に入るが、現時点では一般社員の月例給与の引き下げまでは検討していないという姿勢を示した。

現在、課長級以上の賃金カットや一般社員も対象にした賞与減額などの緊急対策を実施している。これらを来年度以降も継続するかどうかについて「現時点で決まっていない」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]