/

JR東、原宿駅の建て替え検討 東京五輪にらむ

東日本旅客鉄道(JR東日本)は山手線の原宿駅(東京・渋谷)の建て替えの検討を始めた。2020年の東京五輪の会場となる国立代々木競技場が近く、原宿エリアを訪れる外国人観光客の増加で駅のホームやコンコースが手狭になっている。20年をメドに新駅舎の利用開始をめざす。

原宿駅の14年度の1日あたりの乗車人員は約7万人。原宿エリアは若者文化の発信地として人気があり、訪日外国人の利用も増えている。

土日祝日などの利用客が多いときには入場制限をすることもある。国立代々木競技場は20年東京五輪ではハンドボール、パラリンピックではバドミントン、車いすラグビーの会場になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン