JR東、原宿駅の建て替え検討 東京五輪にらむ

2016/6/6 22:19
保存
共有
印刷
その他

JR原宿駅の駅舎=共同

JR原宿駅の駅舎=共同

東日本旅客鉄道(JR東日本)は山手線の原宿駅(東京・渋谷)の建て替えの検討を始めた。2020年の東京五輪の会場となる国立代々木競技場が近く、原宿エリアを訪れる外国人観光客の増加で駅のホームやコンコースが手狭になっている。20年をメドに新駅舎の利用開始をめざす。

原宿駅の14年度の1日あたりの乗車人員は約7万人。原宿エリアは若者文化の発信地として人気があり、訪日外国人の利用も増えている。

土日祝日などの利用客が多いときには入場制限をすることもある。国立代々木競技場は20年東京五輪ではハンドボール、パラリンピックではバドミントン、車いすラグビーの会場になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]