2017年11月19日(日)

ホンダ、二輪車の販売網刷新 中大型に照準

2017/2/6 15:22
保存
共有
印刷
その他

 ホンダは6日、二輪車の販売網を刷新すると発表した。現在5チャネルで展開しているが、スポーツモデルなど全ラインアップをそろえる店と、排気量250ccまでのバイクを販売する店の2チャネルにする。中大型車に照準を合わせて品ぞろえを強化したチャネルを通じ、ツーリングなど趣味で楽しむファンが多い中大型バイクの販売に力を入れる。

 国内二輪販売会社、ホンダモーターサイクルジャパン(東京・北)が2018年4月から新しい販売チャネルをスタートする。全5500拠点のうち、全ラインアップを品ぞろえする専売店「ホンダ ドリーム」は150拠点を展開する予定。バイク愛好家のニーズに応え、走りやデザインなどバイクを楽しむ層にスポーツモデルや中大型車を売り込む。保守や修理などのアフターサービスを提供する。

 250cc以下のバイクを販売する「ホンダ コミューター」は5350拠点を展開する。通勤や買い物など、日常生活でバイクに乗る利用者に対応する。

 ホンダは現在、二輪車の全ラインアップを扱う「ホンダ ドリーム」「プロス ウイング」「プロス」という3つの販売チャネルと、250cc以下を扱う「ホンダ ウイング」「ホンダ」の2つの販売チャネルを抱えている。

 ホンダは排気量1100ccの「CB1100」など愛好家に人気の大型ロードスポーツバイクを販売している。一方で利ざやが薄い50ccスクーターはバイクメーカー各社とも苦戦している。250cc以下と中大型バイクの2つのチャネルに分けることで、顧客のニーズにきめ細かく対応できるようにする。

今なら有料会員限定記事がすべて読めます!
電子版10日間無料お試しキャンペーンは11月20日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報