2019年2月23日(土)

ジェットスター・ジャパン、成田―上海線就航を延期

2017/1/6 20:16
保存
共有
印刷
その他

日本航空などが出資する格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは6日、今月23日に就航する予定だった成田―上海線を延期すると発表した。就航時期は未定で、これまでに販売していた3425席は払い戻す。上海の浦東国際空港の混雑問題で中国当局から就航認可を23日までに得るのは難しいと判断した。

ジェットスター・ジャパンは成田―上海線の航空券を2016年11月2日に発売した。同時に浦東空港への就航を中国当局と協議していたが難航、12月2日に航空券販売を停止した。今月4日時点では「23日の運航開始を予定している」と説明していたが、6日に一転、延期をウェブサイト上で発表した。

浦東空港は就航便数に対して滑走路の能力が不足し、遅延が頻発している。そのため新規就航の許認可を厳格化している。ジェットスター・ジャパンは申請を取り下げず、今後も協議を続ける。成田―上海線での使用を想定していた機材の運用方法は未定という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報