/

住友林業、木材と鉄骨一体の新建材

住友林業 6日、木材と鉄骨を一体にした新建材を採用したビルの建設に着手したと発表した。現在、東京都国分寺市の民間企業の本社ビルを建設中だ。7階建てで7月完成予定。国内で建築された木質系ビルとしては最も高層となる。木質の中・大規模建築物の年間受注高を2019年3月期に100億円と16年3月期の2.3倍に伸ばす。今後、建設コストの削減を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン