/

VAIO、量販店で持ち帰り可能に 計60店舗で販売

ソニーのパソコン事業が独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は6日、量販店でパソコン販売を始めたと発表した。これまではインターネット通販でしか買えなかった。2月に発売した旗艦機種の「VAIO Z」など2機種に限り、購入を決めたらすぐに持ち帰れるようにする。

エディオングループとケーズデンキ、ノジマ、ビックカメラグループ、ピーシーデポコーポレーションの計60店舗で販売する。販売するZはCPU(中央演算処理装置)に米インテルの「コアi5」を搭載し、記憶容量が128ギガ(ギガは10億)バイトと256ギガバイトから選ぶ。想定価格はそれぞれ税別18万9800円、同23万5280円。

これまでも量販店で展示商品を試すことはできたが、購入するにはネット経由での注文が必要だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン