40社と東大、データセンターの省エネ化へ連携

2016/1/7 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業が大学と連携しデータセンター(DC)の省エネ化を目指す動きが加速している。竹中工務店や日本IBMなど約40社は、東京大学と技術応用の検討や情報収集を目指す組織を設置。富士ソフトグループは慶応大学とDCの省電力技術の共同開発を始める。データ量の増加に伴いDCの消費電力が急増しているため、産学で対応する。

竹中工務店などは7日、東京大学大学院の江崎浩教授と「次世代データセンター勉強会」の初会合を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]