/

この記事は会員限定です

武田薬、研究者100人米国に がん新薬など集中開発へ

[有料会員限定]

武田薬品工業は2017年度内に日本の研究者ら約100人を米国に異動させる。米国は医薬品開発の主要国であることから、現地情報に精通する研究者を育成し、新薬開発のスピードを高める。収益が伸び悩むなか、全世界で販売できる大型新薬の開発が急務となっている。研究者の知見や経験の量を底上げし、世界の製薬大手との開発競争に勝てるようにする。

約千人の研究者が在籍する湘南研究所(神奈川県藤沢市)や閉鎖した英国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン