PALなど、在庫情報ブロックチェーン技術で管理

2017/7/6 23:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

物流受託サービスのPAL(パル、大阪市)はフィンテックベンチャーのソラミツ(東京・千代田)と共同で新たな在庫管理サービスを今秋にも始める。仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を活用して、物流センターなどの在庫状況をすぐに把握できるようにする。

PALは棚や荷物に専用のICタグを取り付け、ドローンや無人搬送機で荷物の位置情報などを自動で読み取って在庫情報を把握する。読み取った情報を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]