コンビニ大手5社の出店5年ぶり減 15年度、セブンは最多に

2015/1/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア大手5社の2015年度の国内の新規出店計画数が5年ぶりの前年割れとなる。過去最多を予定するセブン―イレブン・ジャパン以外は出店を抑える。これまでコンビニ各社は積極出店で成長してきたが、消費増税後は全体に売り上げが伸び悩む。収益を確保するためにも、不振の既存店舗への投資などを重視する姿勢が目立ってきた。

5社合計の15年度の出店計画数は4350店と14年度当初計画より1割近く減…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]