2018年7月17日(火)

7/17 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]
  5. 5位: 社債大量償還、悩む投資家 超長期債に資金振り分け[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

業績ニュース

Jフロントの18年2月期、一転最終増益に 「GINZA SIX」好調

2017/10/6 20:30
保存
共有
印刷
その他

 J・フロントリテイリングは6日、2018年2月期(国際会計基準)の最終的なもうけを示す連結純利益が前期比5%増の285億円になりそうだと発表した。従来予想は2%減の265億円だった。20億円の上方修正で、一転増益となる。4月に開業した「GINZA SIX」(東京・中央)の好調が収益を押し上げた。訪日客の消費も伸びた。

 売上高にあたる売上収益は4%増の4720億円、本業のもうけを示す営業利益は17%増の490億円とした。予想からそれぞれ30億円、45億円上向く。

 16年に落ち込んだ訪日客消費は17年に入って再び盛り返している。17年3~8月期の百貨店売上高は大丸心斎橋店(大阪・中央)で11%、大丸東京店(東京・千代田)で6%増えた。特に化粧品の売れ行きが良い。

 GINZA SIXの家賃収入も不動産事業の収益上振れの一因になっている。またオフィス用品を通信販売する子会社を8月にエディオンに譲渡しており、約20億円の株式売却益を計上することも利益を押し上げる。

 6日には17年3~8月期の連結純利益が前年同期比18%増の163億円だったとも発表した。従来予想は8%減の128億円で、35億円上方修正した。下期の見通しを慎重にみているため、通期の上方修正額は3~8月期より縮小する。

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム