/

エアアジア、中部拠点に3路線 16年4月から札幌や台湾

マレーシア系の格安航空会社(LCC)、エアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は6日、2016年4月から中部国際空港を拠点に札幌、仙台と台湾・台北への3路線を就航すると発表した。国内線に就航するLCCは5社目で、中部空港を拠点とするLCCは同社が初めてとなる。

就航当初は欧州エアバス製の小型機「A320」を2機導入し、3路線とも1日2往復を運航する。中部―札幌線では全日本空輸や日本航空などと競合する見込み。運賃などの詳細は未定だが、エアアジア・ジャパンの小田切義憲社長は「航空大手の普通運賃の半額から3分の1を目指す」と述べた。

アジア最大のLCCであるエアアジアは、全日空との合弁会社を通じて2012年に国内線に参入した。サービスなどを巡って株主同士が対立し、13年に合弁を解消して国内線から撤退した。エアアジアはその後、楽天などと合弁でエアアジア・ジャパンを設立し、再参入の準備を進めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン