/

スイカの決済、スマホで JR東が実証実験

東日本旅客鉄道(JR東日本)は6日、スマートフォン(スマホ)がICカード乗車券「Suica(スイカ)」の決済端末になるシステムの実証実験を始めると発表した。専用のアプリを立ち上げたスマホに、スイカカードや対応したスマホをかざすと、決済処理ができる。イベント会場や個人商店などでの利用を想定している。

ICカードを読み取れるスマホにかざすと、携帯電話の回線を通じてデータがサーバーに送られる仕組み。実証実験ではソニーのスマホ「エクスペリアZ5コンパクト」を利用する。システムは三菱商事NTTドコモなどが出資するトランザクション・メディア・ネットワークス(東京・千代田)が開発した。

まず7~9日に東京国際フォーラム(東京・千代田)で開かれる食のイベントの移動販売車で実証実験をし、10月24日~12月28日には鉄道博物館(さいたま市)で活用する。スイカで決済できる店舗数は9月末時点で約36万店。あらたなシステムを導入することで、決済店舗の一段の拡大につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン