/

ホンダ、米家電見本市「CES」に10年ぶり出展

ホンダは6日、2017年1月に米ラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市「CES」に、10年ぶりに出展すると発表した。人工知能(AI)を搭載し、人とコミュニケーションを取れる小型電気自動車(EV)のコンセプト車「NeuV(ニューヴィー)」を披露する。

NeuVは、自動運転機能を備えているほか、ソフトバンクグループが開発した「感情エンジン」と呼ぶAI技術を搭載した。人の喜怒哀楽を読み取って、ロボット自らも疑似的に感情を表現する。

ほかにヒト型ロボット「ASIMO(アシモ)」などで培ったバランス制御技術を活用した二輪のコンセプト車や、シリコンバレーを拠点にベンチャー企業らと共同で開発している技術などを紹介する。

ホンダがCESに出展するのは今回が3回目で、2007年以来となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン