ヤマト、宅配便最多の18億6756万個 16年度8%増

2017/4/6 15:15
共有
保存
印刷
その他

 宅配最大手のヤマト運輸が6日発表した2016年度の宅配便取扱数は前年度比7.9%増の18億6756万個で過去最高となった。増加は2年連続で、伸び率も15年度の6.7%増を上回った。インターネット通販の拡大と人手不足でサービスの維持が難しくなっており、17年度は宅配便の総量抑制に取り組む。

 スマートフォン(スマホ)の普及で手軽にネット通販を利用できるようになり、荷物の増加ペースが加速している。ヤマトはアマゾン・ドット・コムが発送する大半の荷物を担うほか、フリーマーケットアプリの「メルカリ」など個人間取引サービスが広がったことも影響した。

 月別でみると16年12月に2億3404万個となり、単月の最高を記録した。クリスマスや歳暮の荷物が集中し、一部で配達の遅延が起きた。

 「信書」問題を受けて廃止したメール便の代わりに15年度から導入した「クロネコDM便」の16年度の取扱数は前年度比0.4%増の15億4216万冊でほぼ横ばいだった。

 ネット通販の急拡大で、ヤマトの16年度の宅配便取扱数は10年前と比べると6割も増えている。一方、人手不足で人材の確保が難しくなっており従業員は同3割増にとどまる。

 配達員らが長時間労働を強いられていることから、ヤマトと労働組合は今年の春季労使交渉で荷物の総量抑制を柱とした働き方改革に取り組むことで合意。今秋までに27年ぶりに基本運賃を引き上げる方針や、時間帯指定など一部サービスの見直しを決めた。

(企業報道部 村松洋兵)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 1:00
1:00
信越 2:00
2:00
東海 4:00
4:00
北陸 2:00
2:00
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報