2018年8月20日(月)

うるる、空き家相談サイトを開設

2016/9/6 22:31
保存
共有
印刷
その他

 ■クラウドソーシングサービスのうるる(東京・中央) 6日、空き家に関する相談情報サイト「空き家手帳web版」を開設した。全国の空き家所有者が処分や活用方法について相談を投稿し、サイトに登録した不動産会社や弁護士らが答える仕組み。初年度に3千件の相談、500社の登録をめざす。

 サイトは空き家対策の基礎知識を紹介。相談のほか、リフォーム会社や税理士などを検索できる。相談先が分からない所有者と、空き家関連のサービスを提供する事業者を結びつける狙い。相談は無料で、事業者は月額税別5千円。民泊に使える空き家を探している個人の利用も見込む。

 空き家は全国に約820万戸とされ、倒壊や火災を引き起こす恐れが問題になっている。うるるは1月に事業者向けに空き家物件を独自に集めたサイトを開設。3月にフリーペーパーを出した。いずれも関東の情報や配布が中心で、所有者が多業種にわたる専門家に相談できる窓口はなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報