スカイマーク破産回避へ 最後の救世主
ルポ迫真(2)

(1/2ページ)
2015/2/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2014年10月31日。国土交通省航空局をスカイマーク取締役の有森正和(58、現在は社長)が訪問した。同行したのは米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)日本法人の幹部。有森は世界でも屈指のファンドを紹介することで、事業継続を危ぶむ航空局を安心させる狙いだった。

ところがその後、出資交渉は全く進まない。一刻も早い資産査定を求めるKKRを、有森らは「もう少し待ってほしい」と押しと…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]