/

この記事は会員限定です

スカイマーク破産回避へ 最後の救世主

ルポ迫真(2)

[有料会員限定]

2014年10月31日。国土交通省航空局をスカイマーク取締役の有森正和(58、現在は社長)が訪問した。同行したのは米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)日本法人の幹部。有森は世界でも屈指のファンドを紹介することで、事業継続を危ぶむ航空局を安心させる狙いだった。

ところがその後、出資交渉は全く進まない。一刻も早い資産査定を求めるKKRを、有森らは「もう少し待ってほしい」と押しとど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン