/

この記事は会員限定です

フィリピン人が支える造船会社 子会社トップに登用

[有料会員限定]

日本企業が人手不足に悩んでいる。特に深刻なのが3K職場の造船業。常石造船(広島県福山市)の現場を支えるのは今や外国人の実習生たちだ。

瀬戸内海に面した常石造船の工場。船体のブロックが所狭しと並び、溶接の火花が散る。日本人に交じって働くフィリピン人実習生のアンセルモ・ダイテさん(31)は「日本人は一人で何役もこなす。効率的な働き方や技術を国に持ち帰って役立てたい」と笑う。

技能実習制度で来日している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン