/

サッポロ、ワイン用ブドウ畑の管理にAI導入

サッポロビールは5日、長野県池田町の自社ワイン用ブドウ畑の管理に人工知能(AI)を導入すると発表した。社外のAI技術者と協力し、センサーで気象・土壌などの環境データを収集。ブドウの生育状況と同時にサーバーで管理し、AIが最適な作業を指示する。需要が伸びている国産ブドウを使った日本ワインの品質安定や、生産の効率化につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン