ステルス戦闘機「F35A」、国産初号機を公開 三菱重工など

2017/6/5 19:23
保存
共有
印刷
その他

公開された戦闘機「F-35A」(5日、愛知県豊山町の三菱重工小牧南工場)=今井拓也撮影

公開された戦闘機「F-35A」(5日、愛知県豊山町の三菱重工小牧南工場)=今井拓也撮影

三菱重工業と米ロッキード・マーチンは5日、最新鋭のステルス戦闘機「F35A」の国産初号機を三菱重工の小牧南工場(愛知県豊山町)で公開した。三菱重工はロッキードから日本向け機体の製造を請け負っており、同工場で最終組み立てと検査を実施している。初号機は日米での飛行試験などを経て来年度に航空自衛隊に配備される予定だ。

F35Aは米英など9カ国が共同開発し、レーダーに察知されにくいステルス性能を持つ。日本政府は2011年、F4の後継機として42機の調達を決定。このうち38機を三菱重工が手がける。胴体や尾翼などをつなぎ、電波を照射してステルス性能を確認する作業などを担う。

防衛装備庁によると、価格は調達時期により違うが、今回の初号機は約140億円。6月中旬以降に国内で飛行試験をした後に渡米し、パイロットらの訓練に使う。その後、18年度に航空自衛隊三沢基地(青森県)に配備される。

残り4機は米国で製造した機体を輸入する。機体は昨年に日本側に引き渡されており、米国で訓練を実施している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]