2019年6月16日(日)

6/16 22:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  2. 2位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  3. 3位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
  4. 4位: 消える知日派ファンド 先物決済日も閑散、関心低下[有料会員限定]
  5. 5位: 社債、マイナス利回り 再び シングルAでも売買成立[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

M&Aニュース

フォローする

住友ゴム、英タイヤ販売大手を312億円で買収 欧州を自力開拓

2017/1/5 21:41
保存
共有
印刷
その他

住友ゴム工業は5日、英タイヤ販売大手のミッチェルディーバーグループを買収すると発表した。約2億1500万ポンド(約312億円)で発行済みの全株式を取得する。住友ゴムは2015年に米グッドイヤーと提携を解消、単独での世界展開を迫られている。英社の販路を生かし、自社ブランド「ファルケン」で欧州を開拓する足がかりとする。

2月末までに株式62.7%を保有する英ファンド・グラファイトキャピタルマネジメントなどから株式を取得する。

英国で直営のタイヤ小売店約100店を持ち、卸売業も手がけるミッチェルディーバーは、年間約600万本のタイヤを販売する。16年3月期の連結の売上高は約3億2006万ポンド(約464億円)だが、最終損益は約475万ポンド(約6億円)の赤字。純資産も約4654万ポンド(約67億円)のマイナスで経営不振が続いていた。

住友ゴムは15年稼働のトルコ工場を活用して、英国向けにファルケンブランドで長寿命で滑りにくい高性能タイヤを生産する。ミッチェルディーバーの経営を再建しつつ、住友ゴム製タイヤを拡販する。

住友ゴムは長年、欧州での生産・販売は提携していたグッドイヤー側に任せていた。提携解消にあたり主力ブランド「ダンロップ」の欧州での使用権を譲渡しており、販売力強化が課題だった。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム