/

この記事は会員限定です

昭和電工、ベトナムで飲料用アルミ缶増産 成長市場取り込む

[有料会員限定]

昭和電工はベトナムで飲料用アルミ缶を増産する。現地拠点に約60億円を投じて、2018年に生産能力を現在の5割増となる年間20億本に引き上げる。ベトナムでは人口の増加や経済成長でビールなどの缶飲料市場が年率10%以上で成長することが見込まれる。日本が飽和するなか、積極的にアジアに投資し、成長市場を取り込む。

14年に買収した現地製缶大手ハナキャンのハノイ近郊にある工場で缶の胴体部分をつくるラインを増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン