サントリー食品、鳥取の天然水工場に新ライン 88億円投資

2015/8/5付
保存
共有
印刷
その他

サントリー食品インターナショナルは5日、ミネラルウオーターを生産する「天然水奥大山ブナの森工場」(鳥取県江府町)に新しい生産ラインを設けると発表した。投資額は88億円で、2016年3月に着工し、17年春の稼働を目指す。同社が展開する「サントリー天然水」ブランドの販売量が好調に推移しており、生産能力を高めて需要増に対応する。

同工場は西日本向けにミネラルウオーター「サントリー 奥大山の天然水」を生産している。新ラインを稼働させることで、生産能力はこれまでの年間1500万ケースから約1.7倍に当たる2500万ケースまで高まる見通し。ミネラルウオーターに加え、西日本向けの炭酸水やフレーバーウオーターといった飲料の生産も可能になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]