/

この記事は会員限定です

福岡空港運営権、九電・三菱商事など応札へ

シンガポール社と

[有料会員限定]

民営化される福岡空港の運営委託先を決める入札に参加するため、九州電力西日本鉄道などの地元連合が、三菱商事と、シンガポールで空港を運営するチャンギ・エアポート・グループと組むことで基本合意した。地元連合は国際線を新規就航させるノウハウを借りつつ、出資比率の過半以上を握り入札に臨む。地元連合で主体的に運営し九州の観光産業への波及効果を高める構想だ。

チャンギはシンガポールのほか、イタリアやロシアで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り760文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン