/

この記事は会員限定です

強毒ヒアリで殺虫剤引き合い増 関連銘柄に注目

[有料会員限定]

強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が国内で相次いで見つかった。政府や自治体、企業は対策を急ぐが、定着すると駆除は難しいとされる。過去には海外から持ち込まれた毒グモ「セアカゴケグモ」が、全国各地で定着し人がかまれる被害も出た。ヒアリが国内に定着する可能性や刺された場合の危険性はどの程度あるのだろうか。一方、殺虫剤メーカーには引き合いが増え、株式市場ではヒアリ関連銘柄に注目が集まっている。

毒よりアレルギー反応に注意

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません