2019年8月26日(月)

強毒ヒアリで殺虫剤引き合い増 関連銘柄に注目

2017/7/5 12:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が国内で相次いで見つかった。政府や自治体、企業は対策を急ぐが、定着すると駆除は難しいとされる。過去には海外から持ち込まれた毒グモ「セアカゴケグモ」が、全国各地で定着し人がかまれる被害も出た。ヒアリが国内に定着する可能性や刺された場合の危険性はどの程度あるのだろうか。一方、殺虫剤メーカーには引き合いが増え、株式市場ではヒアリ関連銘柄に注目が集まっている。

■毒よりアレ

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。