/

この記事は会員限定です

東芝会長、米原発事業の損失額「現段階で言えない」

[有料会員限定]

東芝で原子力事業を統括する志賀重範会長は5日午前、米原子力事業で数千億円規模の減損損失が迫られる可能性について「現段階では(損失額の)数字は言えない」と述べ、確定していないと表明した。志賀氏が会長を務める電機の業界団体、日本電機工業会(JEMA)などが主催した年賀交歓会で、記者団の取材に応じた。

志賀氏は昨年末から米国に滞在し、減損損失について精査を進めていた。「物量コストや工...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン