/

トヨタ、AI活用のコンセプト車 CESに出展

【ラスベガス=奥平和行】トヨタ自動車は4日(現地時間)、人工知能(AI)や自動運転技術を搭載したコンセプト車「TOYOTA Concept―愛i」を5日に米ラスベガスで開幕する家電見本市「CES」に出展すると発表した。

4人乗りの乗用車で、モーターなど走行中に二酸化炭素(CO2)を出さない動力源を採用する。AIを活用して利用者の感情を認識したり、好みに関する情報を蓄積したりする。対話機能も備える。

利用者の感情や疲労度に合わせて車を制御し、疲れがたまってきたら自動運転の利用を提案するといった使い方を想定している。コンセプト車に搭載した一部の機能を盛り込んだ車を造り、数年以内に日本の公道で実証実験する方針だ。

記者会見した米研究開発子会社、トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)のギル・プラット最高経営責任者(CEO)は、あらゆる条件下で完全自動運転が可能な「レベル5」について、各社の目標になっているものの早期の実現は難しいと指摘した。その上で「開発途上で生まれる技術を使い、いかに事故を減らすかが重要だ」との見方を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン