/

この記事は会員限定です

JAXAと富士通、風洞試験をスパコン上で 航空機開発

[有料会員限定]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と富士通は、航空機開発に欠かせない風洞試験を正確にシミュレーションできるスーパーコンピューター(スパコン)システムを構築した。数千万円かかる精巧な模型の作製費用をなくせるうえ、設備利用料を60分の1に減らせる。航空機開発のコスト削減と品質向上につなげる。

風洞は、航空機が空気から得る浮力などを調べる大規模な設備。風洞試験では実機の100分の1程度の模型を使うが、高価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り237文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン