2019年1月21日(月)

ユニー・ファミマ新社長「経験生かし道筋つける」 かじ取り強調

2016/2/4 21:24
保存
共有
印刷
その他

9月に経営統合するファミリーマートと、サークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングス(GHD)は4日、都内で記者会見を開いた。発足する持ち株会社の社長に就くファミマの上田準二会長は「私のこれまでの経験を生かして、新会社の道筋をつけるまでは今回の体制で進めていく」とし、自身が中心となって新会社のかじを取ると強調した。

ファミマとユニーGHDは9月に持ち株会社「ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)」を発足させる。ファミマの中山勇社長は持ち株会社では副社長、傘下のコンビニ事業会社では会長となり、社長には企業再生を手がけるリヴァンプ(東京・港)の沢田貴司社長が就く。

中山社長は「コンビニ事業では会長として沢田氏をサポートしていく」と語った。沢田氏は「まずは現場を回って勉強したい」と述べた。

上田会長は自身の新社長就任について、「昨年の3月でファミマを辞めるつもりだったが、統合が実現したため最後まで責任をとらなければと決断した」と説明した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報