2019年7月17日(水)

つながる家電で暮らし快適に シーテック開幕

2016/10/4 20:36
保存
共有
印刷
その他

4日開幕した家電・IT(情報技術)見本市シーテックは、あらゆるものがネットにつながるIoTに加え、人工知能(AI)を取り込み進化した家電が目立った。セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(東京・港)がパナソニックや大和ハウス工業と開発する全自動衣類畳み機「ランドロイドワン」は、来年3月に予約を開始。出荷は2017年度中になる見通しだ。

冷蔵庫ほどの大きさの機器に洗濯物を入れると、内部のロボットが1枚5~10分で折り畳んで上部にある棚にしまう。価格は未定だが「将来的には20万円以下にしたい」(阪根信一社長)。畳んだ服のデータを学習して使うごとにスピードが速くなるという。

シャープはクラウド上のAIにつながるテレビ用の機器を公開した。電子レンジなど他の家電の稼働状況を確認し、仕事が終わるまでの空き時間に見られる好みの番組を提案する。

パナソニックは次世代型キッチンを公開した。日本酒やワインを貯蔵する棚は最適な温度などを透明なディスプレーに表示。画面越しに酒の瓶に触ると冷蔵庫内の食材を使った酒に合うお薦め料理を提案する。

IoTやAIが家電で身近な存在になることには課題もある。4日、シーテックで講演した富士通の山本正已会長は情報家電が広がれば「セキュリティー対策に社会全体で取り組むことが不可欠」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。