2019年1月23日(水)

春秋航空日本、16年2月に国際線参入 成田―重慶など2路線

2015/11/4 19:01
保存
共有
印刷
その他

中国系格安航空会社(LCC)の春秋航空日本(千葉県成田市)は4日、2016年2月に国際線に参入すると発表した。成田空港を拠点に中国内陸部の重慶と武漢への2路線を就航させる。中国最大の旅行シーズンである春節(旧正月)休暇に合わせて直行便を就航して、旺盛な訪日需要を取り込む。

同日、国土交通省に認可を申請した。成田―武漢線は16年2月13日に就航し週3往復を運航する。成田―重慶線は同月14日から週4往復で運航を始める。両路線とも座席数189席の米ボーイング製小型機「737―800型機」を使う。

春秋航空日本は14年8月に日本の国内線に就航した。現在は成田から広島と佐賀への2路線を運航している。グループ会社の中国・春秋航空は中国本土から関西国際空港や地方空港への路線網を拡大しているが、発着枠が得られず成田には乗り入れていなかった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報