/

江崎グリコがアイス1割増産 フル生産1カ月前倒し

江崎グリコは4日、2016年夏(7~9月)に販売するアイスクリームの生産量を15年より1割増やす計画を明らかにした。例年6月から夏の需要期に備え千葉、兵庫など国内4工場でフル生産体制とするが、今年は5月に1カ月前倒しした。今夏は猛暑が見込まれており「機会を逃がさないよう取り組む」(江崎勝久社長)という。

「ジャイアントコーン」「アイスの実」など主力商品を中心に増産する。アイスクリームは冬の需要が伸びており、17年3月期のアイス事業の売上高は904億円と前期比12%増となる見通し。猛暑効果を取り込めば上振れも見込めそうだ。

江崎グリコは海外でのアイス事業も加速している。16年1月にはタイで委託生産を始めた。販売が好調で江崎社長は「生産能力の強化に取り組む」と話した。インドネシアの自社工場も完成し、16年内にも出荷を始める見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン