/

この記事は会員限定です

パナソニック、画像用半導体に再参入 8K用開発

[有料会員限定]

パナソニックは画像用半導体の開発を再開する。100億円前後を投じて放送用機器や自動運転システムのカメラの精度を高める次世代型をつくる。経営不振が深刻になった2012年以降は開発を見合わせていたが、事実上再参入する。幅広い用途で需要拡大が見込める成長市場に足場を築く考えだ。

画像用半導体はソニーが世界シェア4割を占める。パナソニックが加わることで、日本勢を中心とする高機能品の技術開発が加速しそうだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン