/

オリエンタルランド、契約社員800人を正社員に

16年4月

東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは4日、契約社員を2016年4月1日付で正社員に登用すると発表した。対象人数は821人(2月1日時点)。人手不足感が強まるなか、賃金などの待遇を改善して人材を囲い込む。

契約社員は「テーマパーク社員」と呼び、1年ごとに契約を更新している。主に施設や店舗、パレードの運営を管理している。正社員への移行で雇用契約は無期限となり、賃金も上げる。同社の正社員は現在、約2400人いる。契約社員を正社員にすることで16年度の人件費は十数億円増える見通しだ。

同社はこのほか、約1万9千人のアルバイトを抱える。これまでアルバイトから契約社員への登用制度は設けていた。

同社は4月1日に入園料を一斉に上げる。収入はアトラクションへの投資に加え、契約社員から正社員への登用を含めた人材投資にも充てる方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン