アンドロイドが初の首位 基本ソフト、スマホ時代映す
ウィンドウズを抜く

2017/4/4 11:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スマートフォン(スマホ)やパソコンなどで使われる基本ソフト(OS)の世界シェアで、3月に米グーグルの「アンドロイド」が米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜いて初めて首位に立った。アンドロイド躍進を支えるのはインドなどアジアだ。スマホを使ってインターネットを利用する人が急速に増えている。パソコン向けの"覇者"だったマイクロソフトは苦境に立たされている。

アイルランドに拠点を置くウェブ解析会社、ス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]