2019年1月22日(火)

トヨタとダイハツ、アジア新興国の小型車事業集約

2016/10/4 12:08
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車とダイハツ工業は4日、アジアの新興国を対象とした小型車事業の運営体制を決めたと発表した。来年1月をメドにダイハツを主体とする新組織「新興国小型車カンパニー(仮称)」を設け、タイやインドネシアなどで販売する小型車の開発や部品調達などを集約する。トヨタは8月に完全子会社化したダイハツと共同で新興国の開拓を急ぐ。

両社にまたがる形で新組織を設置し、ダイハツが主体となって事業を進める。対象地域はタイやインドネシアなどのアジア新興国で、中国は含まない。担当するのはエンジン排気量が1~1.3リットル級の小型車となる見通し。トヨタからダイハツへ社員が出向し、事業展開を加速させる。

ダイハツは競争が厳しい軽自動車の開発や生産を通じて、コスト低減の知見を蓄えてきた。一方、中大型車を主体とするトヨタは新興国のニーズに合った製品をつくるのに苦戦している。トヨタの寺師茂樹副社長は4日、「カンパニー設置を機に、トヨタはダイハツの競争力について根底から学ぶ」と説明した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報