大阪のエキスポランド跡地、「体験・訪日客」重視で開発
三井不動産が発表

2015/8/3付
保存
共有
印刷
その他

三井不動産は3日、大阪府吹田市の旧エキスポランド跡地で開発している大型複合施設「EXPOCITY(エキスポシティ)」の概要を発表した。米国留学を疑似体験できる英語教育施設や商業施設を設け、訪日客向けサービスもそろえる。11月19日に開業し、年間1700万人の来場を見込む。

大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」の完成イメージ=共同

大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」の完成イメージ=共同

施設の延べ床面積は約22万3000平方メートルと西日本で最大規模となる。中核の商業施設「ららぽーと」にはカジュアル衣料の「ユニクロ」から価格帯の高い海外ブランドまで305店舗が入る。国内最大の高さ18メートル超の巨大スクリーンがあるシネマコンプレックス、日本一高い120メートル超の観覧車など8つの大型体験施設も備える。

外国人向けに多言語の案内サービスや祈祷(きとう)室、豚肉やアルコールを使わない飲食メニューなどを提供する。3日に都内で会見した菰田正信社長は「大阪の観光資源として地位を確立したい」と述べた。

隣接地では約4万人を収容するサッカー専用スタジアムの建設も今秋に竣工する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]