/

大塚製薬、米ベンチャー買収 ADHD治療薬を開発

大塚製薬は3日、成人や小児の注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療薬を開発する米バイオベンチャーのニューロバンス社(マサチューセッツ州)を買収すると発表した。米子会社を通じて1億ドル(約114億円)で完全子会社とした上で、薬の開発の進捗に応じて最大1億5千万ドルを米社の現在の株主である複数のベンチャーキャピタル(VC)に支払う。

4~6月中の買収完了を目指す。ADHD治療薬の発売後は売上高に応じて一定額をさらにVCに払う。

ニューロバンス社が開発中の治療薬は、ADHDの原因と考えられるセロトニン、ドパミン、ノルエピネフリンの3つの脳内分泌物が過剰に細胞内に取り込まれるのを抑える。大塚によると、3物質の過剰取り込みを抑制する医薬品はないという。臨床試験(治験)の中期段階を終えて有望な結果を得ており、今後治験の最終段階に入る。

ニューロバンス社は2011年の設立。スイス製薬大手ノバルティス系のファンドなど複数のVCが株主となっている。大塚製薬は中枢神経領域に力を入れており、ニューロバンス社の買収で開発候補品を充実させる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン