ヤマトHD AI・ロボに集中投資 自動運転20年にも実用化

2017/8/3 23:37
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 宅配最大手ヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は日本経済新聞の取材で、人工知能(AI)やロボットなど先端技術に集中投資する方針を明らかにした。投資規模は数百億円の見通し。自動運転は2020年にも一部実用化を目指す。「テクノロジーは働き方改革で重要な鍵となる」と指摘。人手不足が深刻化する中、先端技術で生産性を高めて宅配サービスの品質維持や向上につなげる。

 山内社長は集中投資する分野として、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報