/

この記事は会員限定です

野菜の水分で産地特定、NTTなど技術開発 偽装販売防止で

[有料会員限定]

NTTなどは野菜や果物の水分から産地を特定する技術を開発した。水分子のわずかな違いから、栽培した土地を絞り込む。今秋にも農作物を郵送で受け付け、産地を調べるサービスをNTTソフトウェアが始める予定だ。

環太平洋経済連携協定(TPP)の発効に伴って農産物の輸入増加が予想されるなか、正しい産地情報を求めるスーパーマーケットや飲食店、消費者の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン